神奈川クリニック眼科 手術の種類

くわしくはこちらから→神奈川クリニック眼科

術式名 特徴 備考
レーシック
(CRレーシック)
最もスタンダートなレーシック術式です。
角膜にレーザーを照射し、屈折力を調整することによって、視力を回復させます。アメリカでは15年以上前から行われており、近年は日本でも普及しています。
近視の強度、角膜の形状などによっては、受けられない場合もあります。
イントラレーシック
(コンチェルトスーパーイントラレーシック)
全ての手順でレーザーを使用することにより、これまでよりさらに安全性と精度を高めたレーシックです。
従来のレーシックよりも優れている点が多く、主流となってきています。
従来のレーシックで一時的に生じることのあるドライアイの出現率が低くなります。
世界最高クラスのレーザー「コンチェルト」を導入。
ラセック
/エピレーシック
/T-PRK
眼に打撃のある格闘技などのスポーツをする方におすすめのレーシックです。また、近視の度数に対して角膜が薄く、レーシックやイントラレーシックが難しいと診断された方には主にエピレーシックが第一の選択肢となります。 レーシックに比べて、ゆるやかに視力が回復します。(4日~1週間程度)
ウェーブフロント
レーシック
通常のレーシックでは解析することのできなかった眼球のわずかな光の歪みまで解析し、レーザー照射するタイプのレーシックです。
視界のボケやにじみを改善し、よりクリアな視界が得られます。
ウェーブフロント技術は、レーシックと組み合わせることで効果を発揮します。
フェイキックIOL 眼球の中に直接レンズを挿入する、永久眼内コンタクトともいわれる視力回復手術です。
適応の幅が広く、レーシックが受けられない方でも大半の方はフェイキックIOLを受けることができます。
-10D以上の最強度近視の方でも受けることが可能です。
角膜内リング 円錐角膜の方を対象とした視力回復手術。従来の手技とは異なり、当院では最新型のイントラレーザーでより安全な治療を実施。 角膜の状態などにより、手術が不適応となる場合もあります。
遠近両用白内障手術 従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応し「遠くも近くも見える」画期的な治療法です。 スポーツやパソコンなどを楽しみたいアクティブな中高年の方向けです。